画像1

龍宮城本店の裏に当店があります。カウンター席では、厨房の様子が見ることができます。

画像2

テーブル席は全部で9席あり、ソファー席もございます。パーティーやご宴会にもフロアを対応できますので、その際にはご相談ください。

画像3

テーブル席とお座敷席の2パターンの個室ございますので、お子様がご一緒でもゆっくりとお食事が楽しめます。

新着情報

2022.06.01

法事・法要 などにArigatoは、使っていただいております。

Arigatoは、郡山市、須賀川市にて宅配弁当、仕出し弁当、オードブルの配達も行っており、郡山、須賀川の地産地消レストランです。

8月が近づき、またお葬式などがあった場合、Arigatoでは、イタリアンBOXなどが注文されることが、非常に多いです。

今は、身内で食べるし、故人も華やかな人だったから、Arigatoさんのお弁当をみんなで食べたい!

 

 

 

 

など、色んな理由もいただいております。

法事法要のお弁当としては、味、ボリュームなど、多くの年齢層が集まる場や大切な故人を偲ぶ場には、非常にバランスが良く

多くのお客様から御注文、リピートをしていただいております。

Arigato特製のローストビーフや色トリドリの野菜やお寿司など、多くの種類を少しずつ召し上がれますので、食事が通らないほど悲しみが溢れている場合にも、少しでも胃に優しい食材を召し上がっていただき、元気を取り戻してくださったら、大変嬉しく思います。

季節によって入る食材が変わる、地産地消のお弁当をぜひ大事な機会に皆さんでお召し上がりください。

(法事法要コラム)

法事は、親族や故人にゆかりのある人たちが集まって、僧侶と一緒に故人の冥福を祈るという数多くの仏教行事の一つになっています。

そのため、お盆や彼岸供養といった行事も法事に含まれており、それらの行事の一つに、いわゆる法事が含まれているということになるのです。

法要とは、故人の命日に死者の魂を供養する行事です。

コロナ禍で、色々とお悩みもあると思います。ぜひ、お問い合わせください。

大事な方の、大事な日に、大事な方々と、美味しい食をお召し上がりください。

(法事法要豆知識)

さまざまな仏教行事が含まれる法事には、いくつかの種類があり、何回目の命日を迎えるかによって、法要の呼び方が変わってきます。

法事を行うタイミングやスケジュールを知っておくことで、計画的に故人の冥福を祈れるようになり、ご先祖様を長く大切に想うことができるようになるのです。

仏教では、人が亡くなってからの49日間を「中陰(ちゅういん)」、49日目を「満中陰(まんちゅういん)」と呼びます。
中陰の間は、死者の魂が成仏せずにさまよっていると考えられており、故人のために追善供養を行います。
忌日法要は、故人の命日から7日ごとに行われる法要で、以下の8つが含まれます。

初七日(7日目)
二七日(14日目)
三七日(21日目)
四七日(28日目)
五七日(35日目)
六七日(42日目)
七七日(49日目)・満中陰
百カ日(100日目)・卒哭忌

これらの法要のタイミングやスケジュールについて知っておくことで、正しい心構えで故人の冥福を祈れると思います。

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっと郡山は一切の責任を負いません