龍宮城本店の裏に当店があります。カウンター席では、厨房の様子が見ることができます。


テーブル席は全部で9席あり、ソファー席もございます。パーティーやご宴会にもフロアを対応できますので、その際にはご相談ください。


テーブル席とお座敷席の2パターンの個室ございますので、お子様がご一緒でもゆっくりとお食事が楽しめます。

新着情報

2023.02.22

郡山イタリアン 農家さん視察

先日は、Arigatoメンバーで、ネギ農家さんである須賀川の設楽農園さんへ\(^o^)/

 

 

#設楽さんのネギ大好き
#設楽農園さん
#白ネギ赤ネギ

農家さんとのふれ合いって、言葉では表せない経験を積むのをお逢いする度に、感じます。触れたメンバーと触れていないメンバーで、まったく違う表情、言葉の表現になるのが、不思議です。Arigatoが関わる農家さんは、本当に皆さん強く、優しく、真剣で、農作物を自分のお子さんのように育ててくださっています。

 

 

#農家さんとのふれあい
#農家さん見学ツアーしたい方
#一緒にいきましょう

 

 

 

 

 

<見学にいった仲間の感想>
お楽しみ様です!
写真も色々アップして下さりありがとうございます😊

本日は設楽農園さんのネギネギ体験ありがとうございます😊

まず第一感想は、楽しかったです!何年ぶりに土に触れ合って楽しくなってしまいました笑笑

そして設楽さんのネギやきゅうり、里芋、お米に対する愛情を感じるお話を聞かせて頂きました。ありがとうございます😊

今回はネギの収穫から納品前の掃除までの工程を体験し、太いネギを育てるためには、甘いだけじゃなくネギ本来の味をしっかりし、太いと筋が残る昔のネギでは無いネギを設楽さんは育てていらっしゃいました!

また、赤ネギを抜きましたが白いネギと違う育ち方があり、根が強いのと真ん中の部分がデリケートになって柔らかくなっていて、種類によって身がまったく違う事を学びました。

実際に収穫をすることによって、お客様により良い説明を表現できたり、美味しい調理法を考える事ができるのではないかと思いました!

農家さんの思いを私達はArigatoを通じて発信していきたいと改めて思った良き時間でした!

設楽さん貴重な体験をありがとうございます!

<続きまして>
お楽しみ様です。
本日は農家さん見学の機会を作ってくださりありがとうございます。

私は今回2回目でしたが、ねぎ掘り楽しいっっと満喫しました!

今日私たちが携わった部分は、ねぎを育てるうちのほんの一瞬で、収穫までのご苦労はきっとはかりしれないものがあるんだろうと思います。ちょっと外にいただけで、寒いし、中腰はキツいし、抱えたネギが重くて、明日は筋肉痛になりそうです😅

それでも、お客様が甘くて、しゃきっとして、美味しいと食べてくれることが嬉しくて、ねぎを作り続けてくださる設楽さんの気持ちも伝わってきました!

その設楽さんの想いもお伝えすることが、農家さんとお客様との架け橋になるという、Arigatoで働く意義だとあらためて感じました。

設楽さんのネギは、しのやさん、フラット(すかがわ観光物産館)、または、設楽さんにご連絡すると購入できるそうです。お客様にもお伝えしていきます。

本日学んだネギ知識
12~3月が旬!
今納品されているのはなつのほうざんという品種で、3月に入ると、たつひかり2号、ホワイトソードという品種になる。設楽さんは10万本育てている。今日は1500本ぐらい収穫。
4月種まき、5月頃苗を植える
夏~秋、草取り、土を被せる
土を被せたところが白くなる。
ねぎの太り具合を見て土を被せることで、巻きがしっかりとしたねぎができる。

冬野菜は寒さから身を守るため、糖分を出すので甘い。
なんと、ネギはマイナス8度まで耐えられる。

ネギの食べる部分はすべて葉。春になると、花を咲かせ子孫を残すため、茎が伸びていき、養分はそちらに使われていくので、水分も減り、固くなり、甘味もなくなる。

保存するには乾燥防ぐため、皮付き、泥付きのままが向いている。飲食店などですぐに使うときには、皮をむき納品してくださいます。むきべーという機械を使いましたが、一本一本剥く作業は大変だと思います。

剥いたネギの皮は畑にまいて肥やしにします。

他の作物も育てながら、1年がかりで美味しいネギを作ってくださる設楽さん、お忙しい中、貴重なお時間を作ってくださりありがとうございます!

わが家は本日ネギ鍋です😋

<さらに>
お楽しみ様です!
本日は農家さん見学させていただきありがとうございます!✨

こうやってみんなで行くのは久しぶりでしたね!みんな楽しそうにしててよかったなーと思いました!

ネギに隠れて写真とったり、面白いことやってと無茶振りしたり(応えてくれたみなさん、ありがとうございます!笑)真剣に話を聞いたり、学びある1日だったのではないでしょうか!✨

やっぱり実際に作業すると腰にきますね💦ネギを掘ったり、束ねて運んだり、根っこをとって皮を剥いだり、出荷するまでに色んな工程を経て消費者の手元にくるのだなぁと改めて感じました。これを毎日のようにやってると思うも頭が下がります。

しかも、種を4月にまいて収穫するのは12月〜3月と約8ヶ月かかります。
その8ヶ月の間に台風、大雨、大雪、強風、色んな気象状況があったと思います。それを乗り越えて今、手元にあると思うと感慨深いですね!

お野菜1つにもエピソードがあるなーと感じました!色んなことがありつつ、こだわりを持って育てているお野菜はやはり美味しいですね!✨

ちなみに、うちはネギを炒めて、味噌とコチュジャンを合わせて食べました!完全におつまみ!笑

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっと郡山は一切の責任を負いません